DUOクレンジングバームについて知りたいこと

敏感肌の人でも使える商品でニキビができる?その理由は?

投稿日:

なぜDUOザクレンジングバームでニキビができるのでしょうか?

DUOザクレンジングバームは無添加で肌に優しい商品ですが、中にはDUOザクレンジングバームを使うとニキビができるという人もいます。

敏感肌の人でも使えるDUOザクレンジングバームでニキビができる人には、何点か共通点がある事がありました。

ニキビができる人はどんな人?口コミでニキビができると書かれている人の特徴を、DUOザクレンジングバームの特徴と合わせてまとめてみました。

さっぱりとした仕上がりを好む方

DUOザクレンジングバームの口コミを見ている中で、その使用感を「溶けたロウのような使い心地」「しっとりとした仕上がり」と書かれている事がよくあります。

実際にDUOザクレンジングバームは、ナノヒアルロン酸、ナノセラミドや、その他31種類もの美容成分を配合しているので、美容液でクレンジングをしているようなものです。

しかし、普段から「洗い上がりはさっぱりさせたい」という人が使用した場合、そのしっとり感を「物足りない」と感じる事があるかもしれません。

DUOザクレンジングバームは1つでクレンジング~洗顔~保湿までの役割を果たすため、何かをプラスする必要はありません。

物足りないからといって洗顔などを加えてしまうと、仕上がりはさっぱりとして良いように感じますが、本来必要な油分まで落としてしまっている可能性があります。

肌は乾燥しすぎると、必要な油分を補給しようと活発になり、逆に皮脂が過剰分泌されてしまいます。ニキビができる理由として、過剰分泌した皮脂が毛穴に詰まり、炎症を起こしてしまう事が挙げられます。

肌が「カサカサ」するほどの乾燥肌である方

ニキビが出来る理由として、過剰分泌した皮脂が毛穴に詰まり、炎症を引き起こすかからだと原因は分かりました。では、オイリー肌がニキビができやすいのでしょうか。

それは違います。意外にも、乾燥肌の人もニキビは出来やすいのです。元々皮脂が少ないので、ニキビはできにくそうですが、何故でしょうか。

実は乾燥肌は皮脂分泌が少ない状態にあり、本来の皮脂膜が作れていない場合があります。きちんとした皮脂膜がないため、水分はどんどん蒸発してしまいます。

水分がなくなった事で古い角質が固くなり、毛穴は弱ってしまいます。弱った毛穴は少しの汚れでも塞がれてしまうたため、ニキビができる原因となるのです。

DUOザクレンジングバームは、もちろん様々な美容成分・潤い成分を含んでいますが、過度に乾燥している状態の時には、その潤い成分のみでは補いきれていない状態かもしれません。

含まれている成分が合わない方

DUOザクレンジングバームは、サクラ葉エキス、豆乳発酵液、ビタミンC、ビタミンEなど、肌に優しい31種類もの美容成分が配合されています。

無添加で安心して使える商品のため、なかなか合うクレンジングがなくて使うのが不安…という敏感肌の人にも使っていただける商品です。

全て肌に良い成分ではありますが、中には体質的に、含まれている成分自体が合わなくてニキビが出来てしまったという方もいます。

成分が合わないのは体質的な問題なので、その場合はDUOザクレンジングバームの使用を控えざると得ない場合もあります。

肌に優しい商品はたくさんありますが、どんな人気な商品であっても、口コミを調べると少なからず必ずマイナスな意見も見つかります。

DUOザクレンジングバームも同様です。どんなにいい物であっても、全ての人に必ず合うという商品はないのかなと思います。

しかし「合わなかった」という人の中には、DUOザクレンジングバームを正しい使用方法で使えてなかったという場合もあります。

使用方法を誤ると本来の効果を得る事は出来ないので、不安な場合はもう1度DUOザクレンジングバームの使用方法を確認するのをおすすめします。

 

 

>>せっかく買うなら1番お得なページで買う

 

 

 

-DUOクレンジングバームについて知りたいこと

Copyright© 時短で話題のDUOクレンジングバーム!マツエクも平気♪ , 2017 All Rights Reserved.